検索
  • 雄亮 谷上

新メニュー造成中の「林業体験(仮称)」について考えてみました。


こんにちは!山王アウトドアクラブです!

本年度のリバートレッキング・シャワークライミングの受付終了しましたが、次年度(まにあえば本年度より!)に向けて新しい体験メニューを造成中ですので一部ご紹介します。


「林業体験(仮称)」

全国で「林業体験」って検索すると意外に少ない希少体験プログラムなんです!

日本中こんだけ森に囲まれて、木材住宅も身近にあるのに、林業に携わっている人しかなかなか踏み入れることのできない体験のようですね!


今回、なぜこんなに少ないのか?いろいろ考えて見ました。

 ①なんと言っても危険な作業だから!

 ②木を切れる人が身近にいない!

 ③観光素材として造成する場合、林業関係者に反対する人が多くいる。

 ④現場環境が旅行者の耐えられるフィールド条件ではない。

 ⑤林業作業者、観光事業者が接点機会が非常に少ない。

 ⑥そもそも林業に触れる機会が無いので、楽しいかどうか想像できない。



今回、造成してみて思った事は、単純に①の「なんと言っても非常に危険な作業(体験)」だからかなって思います。チエンソーを使うと大音量で声が届かなかったり、インストラクターの予想を上回る樹体の動きをする事があるなど様々な危険が盛りだくさんなので、なかなか造成に踏み切れないのかなって感じました。今後、危険なプログラムである「林業体験」をより安全に体験できる様、森林作業に触れる機会を作っていけたらと思います。


山王アウトドアクラブ


34回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示